ホーム > ニュース > 一番大切なこと

一番大切なこと

コンピュータの画面の前に座って休むことなく上下動しているマーケットを目を向けているとどことなくエントリーをしなければいけないという抑えようのない気持ちに影響される状況も少なくありません。

 

だがしかし、あやふやな勘で注文するのは、避ける必要があります。

 

ご覧の通り、マーケットは終日、いつでもいずれかの為替市場は変化しているしレートもどういう時でも、動いています。

 

そうであっても、闇雲に売買をしていると、その回数分だけマイナスになる危険性が高くなってしまいます。

 

確かにトレードの数を積む事で、トータルで勝利する可能性が五分五分になります。

 

けれども「なんだか分からないインスピレーションでトレード」することとは話が異なります。

 

売買回数を積み重ねるということは自分で「ここは勝てる」と思える時機を持ったケースでの売り買いの回数を増やすという意味である。

 

格段の理由がなく、休む間もなくトレードを重ねるのとは異なります。

 

マーケットの勝負に勝つためには、意識してけじめをつけることこそが大事だ。

 

「ここは!」と思えた為替相場の時にはいっそのこと所持ポジションを買い増して利益を追い求めます。

 

「かなり悩ましい為替相場でどう上下するのかわからないな」と思案した時は、潔く諦めて所有ポジションをひとつ残さずクローズして何もしません。

 

これぐらいのメリハリがあったほうか、結果的にはトレードはうまくいきます。

 

外国為替市場の名言には「休むも相場」というものがある。

 

実に言葉どおりだと思います。

 

相場とはいかなる時でも売買ポジションを保有する事がすべてではなく、どのポジションも持たずにじっと見ていることも状況によっては相場です。

 

では、どういう場面で、休む必要があるのでしょうか。

 

ひとつめは、先述した通り、最近の外国為替市場が明確に見通しがきかない時です今からどちらにいくのか明確でない時は考え無しで行動すると、作り上げたストーリーとは反対の方向に為替相場が動いてしまい損をする事になります。

 

このような場合はポジションを諦め、そのままの状態で静観しているのがいいと思います。

 

次に、自分の健康状態がすぐれない時です。

 

体の状態とマーケットに関係がない思う投資家もいると思いますが実際には思ったより影響を与えます。

 

体の状態があまりよくなければ市場の大少な状況で、正しい決断が難しくなります。

 

気乗りがしない時はFXから距離を置くことも肝心な事です。

 


関連記事

  1. ちゃんと治療する必要がある

    M字にブブカを使ってみた感想を紹介します。私は大学生の頃にオデコがM字にハゲてき...

  2. 一番大切なこと

    コンピュータの画面の前に座って休むことなく上下動しているマーケットを目を向けてい...